不動産売却が増える|杉山商事に任せて大正解|最良物件に歓びもひとしお

杉山商事に任せて大正解|最良物件に歓びもひとしお

テーブル上の積み木

不動産売却が増える

スーツの男性

売却も時代と共に暗雲が立ち込めている

少子高齢化、核家族化の進行など様々な社会的背景により空き家が増えています。住んでいた人が他界すると遠方に住む家族は、不動産売却を検討するようになりますが不動産売却をする為に多額の費用が必要になるので空き家が増加しています。家屋は年月とともに老朽化してしまいます。そして、流行もあるので不動産売却の際には更地が有利になります。更地にするには多額の費用がかかるので、費用を捻出することが難しいと空き家としてそのまま放置されてしまいます。以前はこのような問題は地方で目立っていましたが、今は都心でも深刻な問題になっています。空き家が多くなると治安の悪化につながるので、不動産売却にかかる費用を軽減するように法改正を求める声が大きくなっています。

自治体に相談して新たな活用法を検討する事

不動産売却をするには、高いハードルが待ち受けていますがその一方で住宅の建設戸数は年々増加しています。日本の風潮として建設工事は景気を支える大きな要因とされているためです。売れない家が増える一方で数多くの住宅が建設されていると言うことは矛盾が生じていますが、自治体によってはシェアハウスや介護施設などに活用する動きもでています。不動産売却が難しいと諦めている方は、自治体に問い合わせをしてみることも視野に入れてください。地域によって処遇が異なりますが、解決策を見つけ出すことができるかもしれません。思い入れのある土地を手放すには決断が必要ですが、誰かに活用してもらうことで活かされるのであればそのような選択も視野に入れる必要があります。